「管弦屋」店員の愛想がよく満足度の高いギター買取おすすめサイト!

価格、接客ともに多くの人が満足ている買取サイト!

独自の販売ルートや自社メンテナンス工場により高額買取を実現しているギター買取おすすめサイトです!

管弦屋とは?

 

管弦屋は、福岡市早良区にある「Tunagu株式会社」が運営する、楽器買取サイトです。

Tunagu株式会社は、福岡市に拠点を置いていますが、東京や大阪、名古屋、札幌などにも営業所が存在し、「東京・大阪・福岡」のそれぞれで古物許可証もきちんと取得しています。

そして、「管弦屋」は主に楽器の買取店になります。取り扱いの楽器の種類は幅広く、スピーカーからエレキギター・アコースティックギター、さらにはドラムなども買取を行っています。

以下では、管弦屋のレビュー紹介を行っています。そのレビューでは、管弦屋のメリット・デメリットなどについて説明しています。

このレビューを読めば、もう楽器買取店について迷うことがなくなるでしょう。

 

管弦屋のメリット・デメリットについて

 

以下で、管弦屋のメリット・デメリットについて紹介し、その批評を行います。

 

メリット

 

まず初めに管弦屋の特徴を紹介しますが、それは主に三つです。

一つは、「単品買取が可能」という点です。一点から出張買取ができ、これを「宅配買取」にすると、無料査定のみも可能になります。

二つ目は、「比較的に何でも買取が可能」という点です。管弦屋は「オークションサイト・海外販売ルート」などを独自で所有しているので、このような買取方法が可能になります。

三つ目は「自社メンテナンス工房」を持っている点です。管弦屋は、多少難があるような楽器でも、このようにメンテナンス工房でそれをメンテナンスすることにより、減額なしでお客からの買取を可能としています。

管弦屋では、宅配買取を行っています。この宅配買取では、まず初めに管弦屋から「梱包キット」と呼ばれる、楽器を管弦屋まで無事に送るための入れ物(ダンボール)を送ってもらいます。品物が管弦屋に到着してから査定が開始され、その後に査定結果をお客へ電話やメールで知らせます。双方が合意のもと、買取が成立した場合は、お客の指定口座へとお金が振り込まれます。しかし、買取不成立の場合は、品物は速やかにお客の元へと返品されます。ちなみに、この宅配買取においての送料負担はありません。以上が、管弦屋を利用した場合の「送料」についての説明です。

接客については、利用したお客のほとんどが満足しているようです。例えば、楽器について分からないことがあったりすると、店員に聞けば、質問に丁寧に答えてもらえます。さらに、店員の愛想がよく、お客と楽器についての雑談が弾むこともあるようです。

管弦屋で品物を運んでもらえば、「保険」を利用できます。これは、万が一の事故などの場合に備えて、管弦屋が品物に対して保険をかけているものになります。このおかげで、安心して品物の運送ができます。

価格に関しては、利用者にとって大変満足なものとなっているようです。ほとんどの人で、価格に対して期待以上だったり、満足するものとなっています。

出張買取も、宅配買取もそれほど遅くない対応となっています。出張買取の場合は、電話やメールで申し込み手続きを済ませ、日時の指定をした後、訪問査定にきてもらい、査定後に買取額の提示が行われ、その金額に納得した場合は、その場で現金が支払われます。宅配買取の場合は、上記でも紹介した通り、輸送キットを利用したものとなりますので、約6日間ほどはかかりますが、買取額に満足し、買取が成立した場合は、後日にお客の指定口座へとお金が支払われます。

以上の6つが、今回紹介するメリットとなります。

 

デメリット

 

利用者のほとんどで満足した対応となっていますが、欲を言うと、深夜での買取対応も行われれば、尚良いとの声があります。

メリットと対照的で、デメリットはそんなに目立ったものはありません。

上記のメリットとデメリットから、楽器を売ろうと思った場合は、管弦屋を利用すると、満足する楽器の売却を行うことができるでしょう。

 

まとめ

今回は、福岡市早良区に拠点を置く、「Tunagu株式会社」が運営する楽器買取店である「管弦屋」をレビュー紹介しました。

管弦屋が扱う楽器の買取対象範囲は広く、ギターからドラム、さらにはスピーカーなどもその対象となっています。

そして管弦屋には、メリットとデメリットがそれぞれ存在し、メリットは主に6つ、デメリットは1つです。メリットに関しては、「運送する際に保険が付いている」、「買取額が思った以上に高い」や、「出張買取も宅配買取も、それぞれで買取完了までの日時がそれほどかからない」などです。デメリットに関しては、「深夜でも買取の対応をしてほしい」というものになります。

メリットとデメリットから判断すれば、管弦屋を利用することで、満足する楽器売却をすることができるでしょう。

しかし、楽器の売却をする場合は、本人身分証明書(有効期限内の運転免許証やパスポート)が必要になります。これは法律により定められているので、絶対に必要です。