新しいギターを買おうと思っているなら注意すべき3つのこと。

新しいギターいいですよね。^^

新しいギター選びをしている時間ほど楽しいものはありません。

でも、ひとつ注意しておくべきことがあります。

 

 

 

 

 

それは、売る時のことも考えておくことです。

 

ギターは知っての通り、木ですから生き物のようなものです。

時間がたてば基本的には劣化していきますし、

保管状態が悪くても劣化していきます。

 

まったく同じギターを同じ時期に購入したとしても、

片方は、買った時の5割ぐらいで買い取ってもらうこともできたりもするんです。

そして、もう片方は処分同然の買取価格になってしまったり。。。

 

ということで、新しいギターを買うということは、

前に使っていたギターは売るかどうかというのも考慮に入れていると思いますので、

今回は、新しいギターを買ったらそのギターの保管方法と、以前使っていたギターを

いかに高価買取してもらうかについて解説したいと思います。

 

まず、新しいギターを買ったら注意すべきことを3つに分けて紹介します。

1.湿らせない

2.汚さない

3.使用後は拭く。

 

ギターは弾き手に合わさると言っている人もいますが、

確かにその通りで、弾き手がギターを適当に扱えば、

そのギターはその扱いを受けた通りになっていきます。

 

逆に大切に扱えば、ギターは長持ちしますし、

劣化もあまりしません。

最後売る時になっても状態が良いままなわけですね。

 

それでは、解説していきますが、

1.湿らさない

まあ、言われれば分かりますが、

でもどうやって?って気になるところですよね。

 

ギター屋さんでは、高級なギターは湿度管理も

しっかしていて、乾燥しすぎず湿らせすぎずという

うまい具合に管理ができているんですが、

 

自宅であんな湿度管理なんてなかなかできませんよね。

でも、ちょっとした心がけでかなり変わってきます。

 

例えば、使用後はしっかりとギターバッグに入れて保管しておくとか。

直射日光の当たるところでギターを放置しないとか

(これは湿らせてはいないですが、急速に劣化します)

 

そういったちょっとした心がけで、かなり変わってきますので、

是非実践してみてください。

 

そして、2.汚さない

ギターを汚す代表的なものは、タバゴのヤニです。

ギターを弾くときはたばこを吸わない。

たばこを吸うときは、ギターから離れる。

 

 

まあ、普段日常茶飯事でたばこを吸っている方にとっては、

そんなことしてられるか!ってなるかもしれませんが、

その場合には、売る時の査定額は間違いなく落ちることを承知で吸いましょう。^^

 

そして、最後は3.使用後は拭く。

これは、2.汚さないと被る部分がありますが、

 

長時間ギターを弾いていると、必ずだれでも

手汗であったり、手油がギターに付着します。

これを放置するとギターの状態が悪くなりますし、

 

弦もすぐ錆びるので張り替えるのは時間もお金も勿体ないです。

であれば、使用後にさっと拭くだけのほうが効率的でしょう

ということですね。

 

せっかく買った大切なギターですので、

状態の良いまま最後売る時までもっていってあげましょう。^^

 

 

いままで使っていたギターを売る場合。

こちらに関しては、当サイトでも専門に記事で

解説させていただいております。

>>1位!?ギター買取のおすすめはココだ!<<

 

気になる方は、上のリンクより当サイトの別記事のほうで

詳しく見ていってください。

 

まあ、なんにせよ買うときも売る時も大切なギターですので、

できるだけ良い状態のほうがいいに決まっていますけどね。

今回の記事が参考になったのなら幸いです。^^